1990年代後半

AV女優・小沢まどかの無修正作品や流出情報&現在の状況

小沢まどかの無修正作品や流出情報に現在の状況を解説

小沢まどかと聞くと、甘酸っぱい青春時代を思い起こす人が数多くいるのではないでしょうか。

かく言う小生もその中の一人ですが、それは言わずもがなお世話になっていたからに他なりませんよね。

アイドルを彷彿とさせる可愛いルックスは、世の男たちを虜とするには十分だったに違いありません。

ただ今思えば、小沢まどかは決して妹的な感じではなく、どこか小悪魔チックさを兼ね備えているんですよね。

しかし、だからこそ奥手な男子にとっては高嶺の花のような存在で、羨望の眼差しを向けていたように思います。

そんな小沢まどかですが、1996年のデビューから2004年の引退まで長きにわたってAV女優として活躍されましたよ。

しかしその道のりは決して平坦ではなく、2000年の引退や2001年のインディーズから再デビューなど様々なドラマが隠されているんですよね~。

当時のファンは、きっと小沢まどかの動向に一喜一憂したのではないでしょうか。

まさに小悪魔チックな小沢まどかに翻弄される気分だったのかも…むしろ心地よくすらあったのかもしれませんね。

それでは、永遠のアイドルである我らが小沢まどかの現在の状況や無修正情報などを詳しくみてまいりましょう。

小沢まどかの現在(今)

小沢まどかの現在(今)

小沢まどかの現在ですが、再復帰も含め活動期間は約7年。

高校卒業した年の18歳から26歳まで活動していたわけですが、一番オンナとして旬な時期を我々と過ごしてくれていたんですね~。

しかも、小沢まどかの場合は、引退するにしても何も言わずにいきなり業界から去って行くようなことは一切しませんでしたよ。

必ず引退作という形で別れを告げてから去って行ってますからね~。

そこに小沢まどかのファン思いの誠実な人柄が表れているのではないでしょうか。

立つ鳥跡を濁さず…そんな別れ方だからこそ、歓迎されての再復帰も可能だったのかもしれませんね。

さよならが言いたくて…

そんな小沢まどかですが、2004年にラスト作の『さよならが言いたくて…』をリリースしてから既に18年。

※同作品の販売はないのですが同じ映像会社である桃太郎映像にて同作品が入っている「まるごと小沢まどかデラックス」が発売中ですので興味がある方は覗いてみてください。

2007年5月にブログを開設し、2010年頃まで更新していたという情報もありましたよ。

【web.archive】小沢まどかのひとりごと
(魚拓が残っていましたが表示は遅いです)

ただブログからも、既に12年の年月が経ってますからね~。

今ではそのブログ自体も閉鎖され、小沢まどかの消息は一切不明。

ベビーフェイスで人気を博した小沢まどかも、我々と等しく歳を重ね、現在は四十路になってますよ。

26歳という結婚適齢期での引退でしたので、もしかしたら寿引退だったのかも。

だとしたら、現在では高校生ぐらいの子供のいるお母さんになっているのかもしれませんね。

小沢まどかの無修正作品・流出作品

小沢まどかの無修正作品・流出作品

小沢まどかの無修正作品ですが、残念ながら流出作品も含め現時点では確認できませんでしたよ。

ただモザイク破壊版はあるようですが、ちょっと危険ですし所詮はフェイクにしかすぎませんからね。

であれば、2008年にリリースされた『あのアイドルがスーパークリア新基準モザイクで甦る 小沢まどか』の方が、ヘアーもアナルもクリアですので楽しめるのではないでしょうか。

ファンとしては、当時の大きなボカシの呪縛から解放されるだけ、きっとストレスフリーで観られること請け合いです。

しかしここで、待てよ…とお気づきの方もいるはず。

そう、新たにモザイク処理を施したということは、今なおマスターテープが現存しているのが実証されたわけですよね~。

ビデ倫時代の作品に限ってですが、この世に小沢まどかの無修正のお宝映像があるなんて夢が膨らむというもの。

きっとデジタル化され厳重に保管されているのでしょうが、ハッキング集団は手ごわいですからね~。

とはいえ、当然のながらハッキング行為を奨励しているわけではありませんのであしからず。

それに無修正流出する可能性は何もハッキングだけではありませんからね。

関係者による内部犯行も無きにしも非ずですので、ムーディーズ以降の作品も含め、今後の小沢まどかの無修正流出を待ちわびたいと思います。

小沢まどかのプロフィール・経歴

小沢まどかのプロフィール・経歴

小沢まどかのプロフィールですが、1996年12月25日リリースの『純愛』にて宇宙企画からAVデビュー。

元々グラビアアイドルとして雑誌やイメージ作品などで活躍していた小沢まどか。

そのため既に認知度もありましたので、ファンにしてみればクリスマスプレゼント的な作品になったのではないでしょうか。

その後1997年10月からはh.m.pにて活動し、ほぼ毎月リリースを続け2000年4月リリースのSAMMレーベル作品『レクイエム 最終章』にて引退。

その間絶大なる人気を博し、35本もの作品に出演しました。

しかし、これで終わる小沢まどかではないんですね~。

2001年9月にはインディーズ系のムーディーズから『新・小沢まどか』がリリースされ復帰。

再デビューにあたっては、本番行為が解禁になったようです。

そして2年半ほどの活動で23本もの作品に出演し、2004年4月リリースの『さよならが言いたくて…』にて完全引退。

その間、グラビアはもとより映画やVシネマ、写真集などでも活躍し、当時の小沢まどかの人気ぶりが推し量れるのではないでしょうか。

特に中国では小沢まどかの海賊版が出回り、そのため海外での評判も上々。

1997年には、なんと香港映画『東京/香港OL不倫事情』にて主演を務めるほどに…。

その後のVシネマでの活躍ぶりをみると、役者としての楽しさに目覚めたのかもしれませんね。

小沢まどかのおすすめ動画作品

小沢まどかのおすすめ動画作品

小沢まどかのおすすめ動画作品ですが、まずはデビュー作の『純愛』は外せない作品でしょうね。

2000年4月の引退までにリリースした本数は35本。

その内、宇宙企画からは前半の8本のみで、残りのほとんどがh.m.pの作品となっています。

h.m.p作品では、ティファニーレーベルに始まり、ミス・クリスティーヌ、SAMMと徐々に過激さを増し、ハードコア的な作品にも出演。

レーベルの変遷を通して、小沢まどかの少女から大人の女性への成長を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ラスト作の『レクイエム 最終章』では、小沢まどかのお気に入りの男優さんたちと次々と想い出セックス。

山本竜二ら男優さんとの仲睦まじい姿はファンとしては複雑な心境かもしれませんね。

そのため、今回はおすすめ動画作品には選びませんでしたのであしからず。

純愛

 

言わずと知れた小沢まどかの衝撃的デビュー作!お股を広げると意外にも陰毛フサフサの小沢まどか。そんな天然フレッシュな感じが凄くイイ!往年の男優さんの攻めにより、恥じらいながらも感じてしまうオンナの性をお楽しみあれ。

新生

 

小沢まどかの宇宙企画からh.m.pに移籍しての第1弾。小沢まどかのキャリアを活かしストーリー性のある作品。嫌がりながらもハメられてしまい、失意の中でも声が漏れてしまう小沢まどか。可愛さだけではない演技力にも要注目です。

レイプではじまる恋もある

 

h.m.pのTiffanyレーベルのラスト作でしたが、襲った男に惚れていく女を好演してましたよ。徐々に性奴隷のようにウットリとしていく様は見もの。イケメンでセックステクニックが最高なら、レイプからはじまる恋もあるのかも?

巨乳女子校生 こちらSEX捜査本部

 

h.m.pのエイトマンレーベル第2弾。若菜瀬奈、七瀬あゆみ、有賀美穂ほか女子高生の学園モノに小沢まどかが特別出演。巨乳学園での変態教師たちによるセクハラ三昧が描かれてましたよ。Cカップの小沢まどかがどう絡んでいくのか乞うご期待。

美人女医

 

h.m.pのミス・クリスティーヌレーベル第2弾。タイトル通り、まさに美人女医を好演している小沢まどか。セックスカウンセラーなので、様々な患者に自らの身体でご奉仕して癒してあげてましたよ。オカマとのレズシーンも必見です。

遺書

 

h.m.pのSAMMレーベル第7弾。タイトルに「遺書」とは不穏ですが、猫を被った自分との決別みたいでしたよ。エッチ好きな小沢まどかの本性があらわになって、3Pでの淫乱ぶりやSっぽいシーンも。21歳の新たな新境地をお見逃しなく。